イントラレーシックNAVI

イントラレーシックの比較

もっとも総合点の高い治療方法

■手術代と治療の結果を考えると総合点はベスト

レーシックと一口に言っても多種多様ですが、レーシック、イントラレーシック、アイレーシックの三つが同じ系列に所属し、一長一短を抱えながら施術されています。
ラゼックとエピレーシックはまた別の系列に入るので、今回はいったん話題から外します。

■レーシックは手作業の雑さがあり、アイレーシックは値段が高い

レーシックとイントラレーシックの違いは、五層構造の膜の三層目を直接切りひらき露出させた断面をレーザーで焼く手術のなかで、その切りひらく方法が違います。レーシックはステンレス製のカンナを執刀医が使用し手作業で切開します。一方、イントラレーシックは機械制御のレーザーカッターで膜を切りひらくので、当然手作業の場合よりも切り口や断面のなめらかさが違います。切りひらいた断面に凹凸がありすぎると、その断面に照射するレーザーの効き目にムラが出て視力の回復にも誤差が生じるので、イントラレーシックの方が優位です。

イントラレーシックとアイレーシックは、切りひらいた膜の三層目の断面に、どんなレーザーを照射するのかに違いがあります。いくら機械制御のレーザーカッターといえども、レーザーでカットするわけですから、眼に見えない凹凸は断面に残ります。わずかですが凸凹がある以上、その断面にいくら正確なレーザーを照射しようとも誤差が出てきます。しかしアイレーシックは、レーザーカッターで残る凹凸の詳細に分析し、その凹凸を考慮したレーザーを患者にあった形でカスタムメイドして照射するので、手術後の成果は完璧に近くなります。また、単に遠くが見えると言う以上に、遠くの景色の鮮明さや色彩の質まで考慮して視力を回復できる、現在最高の治療方法がアイレーシックです。カスタムメイドのレーザーだけに、例えば神戸クリニックならばイントラレーシック9.5万円の手術代のところ、アイレーシックは35万円掛かると言う、値段のデメリットがあります。

■価格と結果を総合して考えるとイントラレーシックがおススメ

レーシックは安く、先に例を出した神戸クリニックの場合は両眼で8万円と言う手術代です。しかし手作業のムラがありますし、値段もイントラレーシックの9.5万円と大差ないので、パフォーマンスの良いイントラレーシックに軍配があがります。一方、アイレーシックは単に遠くが見えると言うだけでなく、遠くに見える景色の質感にまでこだわって視力回復が出来る治療法なので理想的なのですが、値段が高すぎます。画家や写真家など、色彩の微妙な変化が創作世界に多大な影響を与える職種の方は別かもしれませんが、イントラレーシックで獲得できるクリアな世界に対し「美しくない」と不満を洩らしている感想を今のところ一件も発見していないので、一般の方にとってアイレーシックの追求する世界は不必要なのかもしれません。

イントラレーシックは手術後の視力回復が確かであるうえに、手術方法の異なるラゼックやエピレーシックと比べて手術後の痛みも少なく回復も早いです。そのうえコストパフォーマンスも素晴らしいので、現時点において総合点で一番と言っても過言ではありません。

イントラレーシックはどこの治療院も行なっているスタンダードな手術なので、ぜひとも検討してみて下さい。


「イントラレーシック」に定評のあるクリニックの人気ランキングはコチラ

クリニック名 イントラレーシック料金 適応検査 クリニック所在地 詳細
品川近視クリニック 9.2万円〜
(両眼・税込)
無料 有楽町・札幌
名古屋・梅田
福岡
詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■品川近視クリニックは、東京都・有楽町に本院を構える世界最大級の屈折矯正専門クリニックです。
■東京以外で手術をお考えの方は、札幌・名古屋・大阪(梅田)・福岡にもクリニックがあります。
累積100万件と、ダントツ世界一の症例数を誇り、それに裏付けされた安心と信頼の実績あり!
■イントラレーシックの手術費は両目で9.2万円。10年保障があり、検査費はもちろん無料です
■遠方から手術にいらっしゃる方のために、最大1万円の交通費補助制度があり。また、提携ホテル
 も充実しているので、近くにクリニックが無い方でもお気軽に利用できる環境が整っています。
■検査は無料です。予約制のため、手術をお考えの方は是非無料の検査を受けてみてください。

レーシック
>>>公式申し込みページへ進む

⇒トップページで5位までの人気ランキングの詳細をチェックしよう!



▲ページの上へ
Copyright (C) 2011-2013 イントラレーシックNAVI All Rights Reserved.