イントラレーシックNAVI

老眼のイントラレーシック

老眼治療とイントラレーシックは関係がありません。

■老眼とは遠近のピントを調整する力が弱まった状態

老眼は遠近のピントを柔軟に調整する力が衰えた状態を言います。遠くまで良く見える人が40歳を過ぎた頃から急に近くが見えづらくなります。老眼の始まりですが、遠くが見える人はピントが遠くにあったまま眼球が放置されるので、近くにピントをあわせづらくなるのです。

イントラレーシック、アイレーシック、ラゼック、エピレーシックなどさまざま手術の方法がありますが、基本的にすべてレーシックの応用で、そもそもレーシックは遠くの見えない20歳から40歳くらいの人に施される手術です。

遠くは見えるがピントが遠くにあったままなので手元が見えない老眼と、近くは見えるが遠くが見えない近視は、別の症状です。

■老眼と近視の仕組み

眼球の働きを簡単に説明します。
眼は外の世界を取り込みます。無限に広がる外界を眼に取りこんだ後、ぎゅっとその景色を絞って眼球の一番奥にあるスクリーンの一点に集結させて再現します。しかし、ぎゅっと絞る力が強すぎるとスクリーンの手前で一度映像が集結してしまい、再度拡散して、ちらばった状態のままスクリーンに届きます。スクリーンには分散した映像しか映らないので、外界がぼやけた状態で脳に伝わります。

イントラレーシック、アイレーシック、ラゼック、エピレーシックなど細かい違いはありますが、基本的にレーシックの手術は、眼から入った映像がスクリーンの一点で集結するように、光の入る角度を調整する手術です。眼の表面をおおう膜をレーザーで削って外から入る光の角度を調整するのです。

しかし、老眼は眼の表面の問題ではなく、眼球の奥にある水晶体と言う組織が老化して起きる症状です。遠近のピントを柔軟に調整する組織が老化するので、いくら眼の表面をイントラレーシックで削ろうとも、老眼は治りません。

例えば50歳で遠くの見えない近視の患者が居たとします。手元は見えるが遠くが見えない男性と仮定します。その男性がイントラレーシックで治療を行なうと、遠くは見えるようになります。しかし、遠近のピントを柔軟に調整する機能はすでに老化しているので、良く見える遠方にピントが固定されたまま眼球は放置されます。遠くは見えるようになったものの今度は近くにピントがあわないので手元が見えづらくなります。つまり、近視は改善しても、同時に老眼が発症するのです。

■レーシックの技術を応用した老眼治療を同時に検討しよう

イントラレーシックは手術の発想も方法も一定です。どの眼科医が行なっても同じなので、ある意味決まった型を誰が一番安全に価格を抑えて行なうかを競っている状態とも言えますが、老眼治療は各医院で独自の指針を持ち行なっています。

公式ホームページに各医院毎の老眼治療が説明されていますので、興味のある方はチェックしてみて下さい。


「イントラレーシック」に定評のあるクリニックの人気ランキングはコチラ

クリニック名 イントラレーシック料金 適応検査 クリニック所在地 詳細
品川近視クリニック 9.2万円〜
(両眼・税込)
無料 有楽町・札幌
名古屋・梅田
福岡
詳細
<<当サイトがお勧めするポイント>>
■品川近視クリニックは、東京都・有楽町に本院を構える世界最大級の屈折矯正専門クリニックです。
■東京以外で手術をお考えの方は、札幌・名古屋・大阪(梅田)・福岡にもクリニックがあります。
累積100万件と、ダントツ世界一の症例数を誇り、それに裏付けされた安心と信頼の実績あり!
■イントラレーシックの手術費は両目で9.2万円。10年保障があり、検査費はもちろん無料です
■遠方から手術にいらっしゃる方のために、最大1万円の交通費補助制度があり。また、提携ホテル
 も充実しているので、近くにクリニックが無い方でもお気軽に利用できる環境が整っています。
■検査は無料です。予約制のため、手術をお考えの方は是非無料の検査を受けてみてください。

レーシック
>>>公式申し込みページへ進む

⇒トップページで5位までの人気ランキングの詳細をチェックしよう!



▲ページの上へ
Copyright (C) 2011-2013 イントラレーシックNAVI All Rights Reserved.